【平昌五輪】大量ゴム配布の本当の理由がヤバイ! “感染予防”ではなく…アスリートの裏セ○○ス事情も

皆さんこんにちは。世界のホテルの仕事をしながら世界と日本の文化を研究しているドイツ人のルドルフ・グライナーです。ただ、今回は日本の文化の話ではなく、「平昌オリンピック」についてです。

 

 

先日、「平昌オリンピックの選手村で配られるコンドームが11万個(1人あたり36個)を超える」というニュースがありました。もちろん大会期間(17日間)の間に1人で36個すべてを使うわけではないでしょうが、とんでもないことが起きているのは間違いありません。

 

 

さて、このコンドームの配布数は、開催国のオリンピック委員会とIOCの相談の上で決まります。

2012年のロンドンオリンピックでは、参加選手数が10,391人で約15万個のコンドームが配布されましたが、リオオリンピックでは参加選手数が同程度にもかかわらず4倍の45万個が配られました。1選手あたり25個、1日あたり2.5個という莫大な数のコンドームでした。この差は何でしょうか?

ひとつは、開催国の考え方が影響します。『自国のモラルに合わせて、配布回数を決める』からです。また、『その国の衛生状況や、感染病の数』も影響します。その状況をみてIOCがアドバイスした上で決定するのです。このように考えると、リオデジャネイロは、ロンドンに比べて性風俗が3倍活発化しているということになり、韓国の平昌は、リオと同じかそれ以上の性風俗の蔓延が予想されるということになります。

 

 

さてでは、IOCの調査とはどんなものなのでしょうか? 私の知り合いに聞いてみました。

 

次ページへ続きます

関連記事