衝撃!!VA業界の仕組みと女優の契約による縛りを大暴露!!

今や世界でも広く知られる日本のハイクオリティなAVだけに、その存在を知る女性は少なくないことでしょう。

ですが実際仕事にするとなれば、詳しい事情はよく分からないかもしれません。

今回は、初心者でも安心してAV業界に飛び込めるよう、仕組みや習慣、専門用語について特集しました。

 

VAってどうやって作られるの?

 

基本的に、カメラマンとVA女優さえいれば最低限の作品は作ることが可能です。

カメラマンがカメラを持ちながら男優としても仕事をし、主観目線で撮影すれば一つのAVとなります。

またさらには、カメラを固定で録画モードにして、脱衣やオナニーシーンを収録すれば、AV女優一人であっても一応は作れます。

とはいえ多くの作品に関しては、一人二人のみならず、多くの人間が力を合わせて制作しているのが実際のところです。

まず関わる人間を大まかに紹介すると、制作会社・監督・プロデューサー、流通会社・プロモーション(宣伝)会社、AV女優事務所・プロダクション、AV女優の4者となります。

 

 

もちろん4者といっても、それぞれ多くの人数が携わるので、実際の人間の数はかなり多いです。

中には本当に個人で撮影して裏流通させるような悪質ケースもあるようですが、正規の仕組みとしては、それこそ映画作品を一本仕上げるように、しっかりとした段取りで力が注がれています。

AV

次ページへ続きます

関連記事