【実話】闇金に全てを食い潰された埼玉の工場経営者の相談話【残酷】

冒頭に説明しておきますが、こちらの経営者の方は、今現在既に亡くなっており、家族や知人の話によって形成してお伝えする運びとなりますので、あらかじめご了承ください。

お亡くなりになった方の話を掲載することに関してですが、決して不謹慎ではなく「明日は我が身」という意識を持って「闇金とは付き合わない」ということを第一に考えて頂ければ幸いです。

家電メーカー孫請けの工場に何が起こったのか?

kouzyou1

大手を支える工場に不況の大打撃が襲う

戦後、日本は目まぐるしい高度経済成長を遂げ、昭和30年代半ばにはほぼ全ての家庭に多くの家電が揃うような時代がやってきました。

家電と言えば、テレビをはじめ、冷蔵庫、洗濯機が主流でした。現代のようにエアコンまでは無かったものの、人々の暮らしをとても便利なものにしてくれました。

 

次ページへ続きます

関連記事