【私のファーストキスは、彼にとって最期のキス】初恋の人は事故で天国に逝っちゃった。長年の心の傷を埋めてくれた彼。あれ以来、やっと人を好きにな...

私のファーストキスは、彼にとって最期のキス・・・

私が小学生の頃、初めて人を好きになりました。

上級生だったのですが、誰にでも分け隔てなく優しい人で誰もが彼を好きでした。

どういうわけか、そんな彼が地味な私を好きになってくれて子供ながらに本気で愛していました。

途中その彼とは日本とロスという遠距離恋愛もしながらも、
お互い気持ちは変わる事はなく

自分は彼と結婚するのだと信じて疑いませんでした。

しかしその彼が事故に遭い、一度は元気になったものの他界・・・

まるでドラマのような展開でその恋は終わりました。

正確に言えば私の恋は終わってはいなかったのですが・・・





彼が私の世界であり彼こそが私の全てだった

亡くなってからもずっと彼が忘れられず、
やっと好きになれたと思った部活の先輩は
結局は彼の面影を重ねていただけだった事に気がつき、すぐに別れました。

もう好きな人に置いていかれるのは嫌だった。

だから人を好きになって失うのが恐くて、
新しい恋愛から自分で自分を遠ざけていた部分もあったのかもしれません。

『もう誰も好きにならない・・・。むしろずっと彼だけを愛してる』

そう思っていました。

次ページへ続きます

関連記事