【私が侵されている病気は癌です】逸見政孝さんの、あの衝撃的な記者会見で救われた命が沢山あった!当時は公に癌を告白するという事自体あり得なかっ...

異例中の異例だった逸見政孝さんの『ガン告白』記者会見

今、2人に1人がかかるとも言われれている「がん」

日本人の死因原因1位はがんです。
今、2人に1人は癌になる時代になりました。

この確率からすると、もはや癌は他人事ではありません。
いつ自分が癌だと診断されてもおかしくありません。

がんと聞くと思い出す出来事があります。
逸見政孝さんを知っていますか?

今の若者は逸見政孝さんを知っているのでしょうか?

逸見さんが、がんで亡くなったのが1993年12月25日でした。
今から、23年も前のことです。

まだ私が小学生の頃でした。

VTR明け、生放送のスタジオで安藤キャスターが嗚咽をもらす姿は何とも言えなかった。





まさに12月25日は冬休みの真っ只中で、学校の先生が

「12月25日のみんなの日記は全部逸見さんが亡くなったことが書いてありました」

と言ったことを今でもよく覚えています。

 

逸見さんととても真面目そうに見えて、それでいてひょうきんな一面があり、
バラエティー番組やクイズ番組に引っ張りだこの人気アナウンサーでした。

 

衝撃的だったあの記者会見・・・

 

「本当のことを申し上げます・・・私が今、侵されている病気の名前、病名は・・・癌です」

 

まだ、当時はがんを告白する有名人はいませんでした。

誰もが驚いた逸見さんのがん告白はとても衝撃的としか言いようがないぐらい。

記者会見の映像を見て、小学生ながら大変大きなショックを受けました。

 

次ページへ続きます

関連記事