【中国の物乞いビジネス】新卒の3倍稼ぐ”プロの物乞い”に虫唾が走る!真相を確かめようと脚のない男のズボンを脱がせた結...

【中国の物乞いビジネス】新卒の3倍稼ぐ”プロの物乞い”に虫唾が走る!真相を確かめようと脚のない男のズボンを脱がせた結果、怒り爆発!【動画あり】

 中国の”プロの物乞いの”ハンパない稼ぎっぷり

中国には人にお金を請うことで生計を立てる

「プロの物乞い」が存在するという。しかも、結構稼いでいる・・・

1.生きていくため物乞いする。

2.怠けるため物乞いする。

3.物乞いを、労働することなくお金を稼ぐ一種の職業と見なす。

 

【3】はいわゆるプロだ。

 

上海の地下鉄には現在、物乞いを

 

「職業」としている人が約200人ほどいるとされており、

 

多くは月収数万元(1元≒15円。日本円で数十万円)に

 

達する者もいるという。

 

北京における新卒の平均月収は

 

約3000元(約5万3千円)ほど。

 

プロ物乞いの平均月収は7,000元(約11万5千円)を

 

超えるとも言われており、

 

大卒初任給の倍以上になる計算だ。

 

3人の子供を大学に行かせ、家まで購入した”売れっ子”もいる

 

このお札は、おじいさんが物乞いをして得た “収入” であるという。

 

この男性は毎月“収入”を郵便局に預けにやってくるそうだ。

 

その額、月に1万元以上(約18万円)にのぼるといい、

 

旧正月や中秋節など行事がある “繁忙期” には

 

2~3万元(約35万~53万円)も預けに来ることも!

 

老人の話によると、自分が長年北京で物乞いを

 

して稼いだお金で故郷に新居を建てたという。

 

そして現在、自分が稼いだお金で3人の孫を

 

大学に行かせている。

 

 

次ページへ続きます

関連記事