【超絶感動】負けたチームが勝ったチームを祝福する、そんなシーン見たことありますか?ロスタイムで逆転し奇跡の優勝が決まった瞬間、スタジアムが一...

【超絶感動】負けたチームが勝ったチームを祝福する、そんなシーン見たことありますか?ロスタイムで逆転し奇跡の優勝が決まった瞬間、スタジアムが一体に!【動画】

英・プレミアリーグでマンチェスター・シティが44年かけてやっと辿り着いた優勝を決める大一番

マンチェスター・シティは、

ライバルマンチェスター・ユナイテッドが負けない限り、

最終戦で勝つしかなかった試合。

舞台は11-12シーズンの最終節。

 

シティは勝てば優勝!

 

このシーズン、首位の座はマンチェスターの

 

ライバル同士(シティとユナイテッド)が行ったり来たり。

 

ユナイテッドは、サッカー音痴の私でも、

 

度々耳にするような強豪チームです。

 

シティはこの舞台に、

 

44年かけてやっと辿り着きました!

 

相手は、弱小チームのQPR。

 

実況も「QPRなら楽勝です・・・よね?」

 

と言っていました。が、

 

1点を先制されてしまいます。

 

しかも、QPRは退場者を一人出し10人体制。

 

シティはホームで一人多い状況で戦える、

 

圧倒的優位な立場にあるにも拘らず・・・

 

場内は涙に包まれてしまいます。

 

「ここまで来て全てを無駄にするのか?」

通常ならば考えられない展開です。

 

シティが弱小QPRに1-2で負けているという現実・・・

 

しかも、最悪な事に、

 

宿敵ユナイテッドは今勝っています!!

 

(同時刻の別会場で各試合が行われており、

 

ユナイテッドはシティが負けて、

 

自分たちが勝てば逆転優勝を果たす状況だった)

もし、このまま試合が終了すれば、

 

シティは宿敵に自ら首を差し出すことになります・・・

 

2点取って逆転しなければいけない状況のシティ。

 

しかし、サポーターの声援もむなしく冴えない状況が続き、

 

無情にも90分が経過。

いよいよロスタイムに突入してしまいます・・・

次ページへ続きます

関連記事